Printtopdf - 少しだけでも変わるデザイン

menu

少しだけでも変わるデザイン

名刺はもちろんのことショップカードのデザインを考える上で、抑えておきたいのが印刷方法です。
印刷方法を1つ1つ紹介するときりがないので、多くのデザイナー会社や印刷会社が採用しているオンデマンド印刷とオフセット印刷について取り上げます。

▼ 目次

オンデマンド印刷について

まずはオンデマンド印刷です。
高細密トナーが使用されているレーザープリントを使った印刷方法で、パソコンにあるデーターを機械に送信して、印刷します。
印刷する時は「版」を作成しなければならないのですが、オンデマンド印刷は版がなくても印刷可能です。
仕上がりはとても早く安くできると、多くの業者が採用している方法です。
ただ簡単なデザインならばオンデマンド印刷でも対応できますが、グラデーション等高い技術が必要になる印刷となると、質が落ちてしまうのが難点です。

オフセット印刷について

オフセット印刷とは、顔料油性インクによって印刷される方法です。
最初に印刷の原本を作成し、転写することにより印刷します。
一度に大量印刷も可能で、仕上がりも綺麗です。
オフセット印刷は名刺やショップカードだけでなく、ありとあらゆる印刷物に使用されています。
広告チラシにも、オフセット印刷が使われています。
オフセット印刷のメリットは、どんな色にも対応可能なことです。
また印刷の仕上がりも美しく、オンデマンドでは難しいグラデーションの印刷も簡単にできます。
ただし最初に製版することになるので、コストがかかるのは否めません。
大量印刷にするとコストは抑えられるものの、少量印刷になると高くついてしまいます。

オンデマンド印刷 VS オフセット印刷

名刺を依頼する際、オンデマンドとオフセットのどちらで依頼をすれば良いのでしょうか。
ポイントとなるのが、何を重視するかです。
例えばクオリティ度外視でも良いから、とにかく早く名刺が欲しいのならオンデマンド印刷です。
最近は印刷機器の性能も向上し、これまで不可能とされてきた印刷もできるようになりました。
しかしオフセット印刷のクオリティまで届いたとは言い切れず、仕上がりはどうしても劣ってしまいます。

一方納期はいつでも良いからとにかくクオリティが高い名刺が欲しいというのなら、オフセット印刷です。
凝ったデザインの名刺を希望している場合は、オフセット印刷で頼めば間違いはないでしょう。
コストは些かかかるものの、大量印刷すれば安く抑えることはできます。

名刺サイズ

次に名刺サイズについて、取り上げます。
日本で使われている一般的な名刺サイズは、91mm×55mmサイズのものです。
おそらく何処の印刷会社でもデザイン会社でも、取扱はあるでしょう。
もしサイズに迷ったのなら、91mm×55mmサイズで間違いはありません。
一方欧米で使われている名刺サイズは89mm×51mmと、日本で使われている名刺よりも小さめになっています。
「名刺サイズを気にしても仕方ない」と思われるかもしれませんが、サイズの把握はデザインをする上で非常に重要なことです。
プロのデザイナーは名刺サイズを数ミリ単位で把握した上で、デザインを起こします。
つまり大きさが分からなければ、名刺デザインは不可能という訳です。

使用フォント

名刺のデザインを考える上で、使用するフォントについても抑えておきましょう。
フォントを少し変えるだけで、名刺の印象は大きく変わります。
例えば名刺のフォントを毛筆体に変えると、上品な印象になります。
また名刺の書体をポップなものに変えるだけで、明るいデザインにすることも可能です。
ただ気を付けておきたいのは、全部盛り込まないように注意することです。
「あの書体もこの書体も使いたい」と詰め込みすぎると、気持ち悪い名刺が完成します。
気持ち悪い名刺を受け取ると、受け取った相手も良い気分はしません。
何もかも詰め込もうとせず、必要な書体だけを使うようにして下さい。

レイアウトが命

名刺だけでなくショップカードやありとあらゆる印刷物に共通して言えることは、「レイアウトが命」です。
超凄腕のデザイナーになると、レイアウトだけで見るものを惹き付けることができます。
何の装飾もしていないにも関わらず惹きつけられるデザインになっているのは、一重にレイアウトによるものが大きいです。
レイアウトを考えるのは、プロのデザイナーでも頭を抱えるほど難しいです。
何をどうレイアウトすれば惹き付ける名刺に仕上がるかどうかは、誰も分からないからです。
だからこそ試行錯誤を繰り返し、如何に”魅せる”名刺にするかを考えます。
最近は予め用意されたテンプレートを組み合わせてデザインする名刺もあるにはあるものの、ゼロから生み出した名刺には叶いません。

色をつける

レイアウトが決まれば、名刺のデザインは99%完成したのも同然です。
ただ他の人とは違うデザインの名刺をと考えているのなら、名刺に使う色も考えましょう。
色の使い方1つで、同じデザインでも違う印象の名刺が仕上がります。
例えば下地に黒一色で文字を白色にしただけで、ミステリアス漂う名刺の完成です。
また下地をピンクにするだけで、ファンシーな名刺が出来上がります。