名刺の作り方

menu
HOME » 名刺・ショップカードについて » 名刺の作り方

名刺の作り方

・名刺とは
カードサイズに名前や勤務先などの個人的な情報が書かれているものが、名刺です。
役割としては自己紹介で使われるものですが、自己紹介だけの目的ならば、口頭でも済みます。
名刺は自己紹介と共に、相手とのコミュニケーションツールとしての役割もあります。

名刺を渡す場面で最も多いのが、初対面の場です。
初対面の人に如何に「自分」を覚えてもらうかは、ビジネスを進める上で需要な要素です。
また名刺は、本人ですら気がついていない一面を相手に伝えることもできます。
「たかが名刺」と思われるかもしれませんが、「たかが名刺」の使い方1つで、ビジネスが決まると言っても過言ではありません。

・名刺が必要になる人は?
名刺が必要になる人は、ビジネスマンだけではありません。
最近は子供を持つ母親が「ママ友」作りのために、名刺を使っているほどです。
ママ友作りの名刺のデザインはとても豊富で、可愛いキャラクターが描かれているものもあります。
友達になりたいというママに名刺を渡し、人脈を広げるにも名刺は重宝されています。
ただビジネスで使うにしてもママ友作りに使うにしても、名刺は「その人自身」を表します。
名刺の重要性に注目している企業は、他の企業と差別化を図るため、変わった名刺を作っています。
ある企業はピーナッツやクッキー等の「食べられる名刺」、透けて見える半透明な名刺もあります。

・名刺の作り方
名刺の作り方は、想像しているよりも簡単にできます。
もしパソコンとプリンターがあるのなら、今すぐにでも作成に取り掛かれます。
名刺作成用のソフトもいくつか出ているものの、元からインストールされているソフトからでも名刺を作ることは可能です。
画像処理ソフトを使って名刺を作るのなら、名刺サイズの大きさになるように画像を調整した上で、名前や電話番号・メールを入力して完成です。
あとは名刺専用の用紙をプリンターにセットして、印刷するだけです。
画像処理ソフトだけでなく、文章作成ソフトや表計算ソフトからでも、名刺を作ることは可能です。

・名刺を作るのならプロまで
自分で名刺を作るとなると、質はどうしても落ちてしまいます。
冒頭にも述べましたが、名刺はビジネスの行方を大きく左右します。
また名刺のデザインは奥が深く、単に名前や会社名を記せば良いという訳でもありません。
品質高い名刺を作るのならば、業者に頼むのが確実です。
業者であればどんなデザインの名刺にも対応でき、品質高いものに仕上げてくれます。
コストはどうしてもかかるものの、今は格安で承ってくれる所もあり、大きな負担にはならないでしょう。